税務情報

贈与税の非課税枠拡大

平成15年度税制改正で相続税と贈与税の課税を一体的に精算する仕組みが創設されました。(相続時精算課税制度)
 この相続税と贈与税の一体方式を選択すると、65歳以上の親から20歳以上の 子への贈与生前贈与の非課税枠が2500万円(届出時から相続発生までの合計) となります。(この選択は受贈者である兄弟姉妹が各々贈与者である父母、ごとに選択でき、最初の贈与のときの届出により相続時まで継続します。)

住宅取得資金贈与の非課税枠拡大

上記に伴い、住宅取得資金贈与の非課税枠は、1000万円を上乗せした3500万円 までになります。
さらに、住宅取得資金贈与の場合は、親の年齢制限はなく、65歳未満の親からの資金も利用しやすくなります。
なお、適用される住宅には一定の要件があります。